オリーブオイルの作り方 番外編

スポンサーリンク

前回、オリーブの実からオリーブオイルをつくったのですが、

452gの実から取れた油はたったのこんだけ、、、

 

原因はおそらく、素手で搾ったことだと思われます。

たしかに、捨てた搾りカスはまだ多くの水分・油分が残っていたように思えました。

 

もしも、みなさんが何かを搾る機会があれば、

クランプなどの道具を使うことを強くおススメします。

 

味は、サラッとした口当たりで、若干の渋みがありました。

この渋みが美味しかったのですが、嫌いな方はコーヒーフィルターなどで濾すといいですよ。

 

焼いたフランスパンに塩とオリーブオイルをかけるとおいしいです。

オリーブオイル本来の味を楽しめます。

 

さて、油を吸い取った後の残液の方ですが、

上を覗くと、吸い取り損ねた油が残っているので、これを利用して遊んでみます。

 

よじったティッシュをグラスに突き刺して火をつけると、

ロウソクのように結構長い間、燃え続けます。

こんな即席のものでも、20分近く燃え続けました。

*火事 と火災報知器には十分注意してください。

 

 

色々ともったいなかったなぁ

コメント

タイトルとURLをコピーしました