簡単にできる骨格標本の作り方

スポンサーリンク

人によっては不快に思う画像や内容を含みます

機会があり、アナグマの解体に立ち会わせていただきました。

絶命させ、血抜き・湯剥きをする。

そして、内臓を取り出し、頭と手足を切り落とした後、肉にしていく。

 

綺麗に解体されていくアナグマを見ながら、ふと疑問に思うことがありました。

「切り落とした頭や、手足、骨などはどうするんですか?」

「骨は犬にあげたりもするけど、基本的には山に埋めることが多いかなー」

「じゃあ、もらって帰っていいですか!」

「いいよー」

*誤解を避けるために書くと、この農家さんは頂いた命を大切に扱っている印象でした。決して酷いことをしているわけではありません。

 

ということで、アナグマの頭と足をもらい、骨格標本にすることにしました。

 

骨格標本のつくり方

準備するものは、

鍋、ポリデント、除光液(アセトン入り)、キッチン用漂白剤、接着剤です。

 

ひたすら茹でる

今回は3時間半茹でました

茹でることで、肉を除去しやすくします。

大きさや部位により時間は上下させてください。

今回は念入りにしたかったので長めに茹でています。

 

肉を除去する

スプーンやナイフなどを使って、骨の周りについた肉を除去していきます。

このとき、徹底的に肉を削ぎ落さないと後で痛い目をみます。

個人的には、始めは素手で肉を落とし、仕上げにスプーンを用いるのがおススメです。

 

ポリデントに漬ける(1日)

手作業では取り除けなかった肉を除去します。

ポリデントの個数は、適切な分量より気持ち多めくらいの個数を使いましょう。

このとき、火にかけると時短になるそうです。

私は、肉の除去を甘くしていたため、茹でと肉の除去を何度も繰り返すことになってしまいました。(笑)

 

除光液に漬ける(1日)

ここでは、骨に染み込んでいた油を除去します。

除光液は裏の成分表示を見て、アセトンが含まれている物にしましょう。

だいたい1晩から1日くらいで良いです。

 

漂白剤に漬ける(1時間前後)

少し黄ばんでいる骨を漂白します。

あまり長く漬けすぎると、骨がもろくなってしまうので注意が必要です。

 

組み立てる

水洗いをして、乾燥させた後、組み立てます。

頭骨は簡単ですが、手足などはそうではありません。

図鑑やネットなどで調べてから組み立てましょう。

まず、軽く並べてみると全体像が見えやすいですよ。

完成

土台をつけるなり、装飾するなりして飾りましょう!

 

 

*足の骨の配置は間違っている可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました