干し柿の作り方

スポンサーリンク

この季節は散歩してると、たわわに実った柿の木をよく見かけますね。

少しだけ渋柿が手に入ったので、干し柿を作ろうと思います!

 

まず、渋柿と甘柿、何が違うのでしょうか?

調べてみると、いろいろ分かりました。

・未熟な時はどちらも渋い

・熟すと渋みが抜けるのが甘柿、そうでないのが渋柿

・甘柿は四角い形が多く、渋柿は先が尖っているのが多い

・渋み成分の正体はタンニン

 

ほうほう

形については例外もあるそうなので、最終的には食べるのが良さそうですね(笑)

 

それはともかく、渋みを抜くにはタンニンが重要になってきそうです。

渋柿に含まれているタンニンは水溶性です           。

干し柿は、皮をむいて干すことで柿が呼吸できなくなり、タンニンが脂溶性に変わることで渋みを感じなくなる、というメカニズムです。

 

仕組みも分かったことなので、実際に干し柿を作ってみようと思います!!

まず、渋柿の皮をむきます。

このとき、柿の上部をむいてから、

側面をむくと作業しやすいです。

次に、80cmほどのビニール紐に結びつけます。

後でかけれるように2つ1組で結びつけます。

ここで問題発生

結びつける枝が無い!

これでは紐が結べない…

いい機会なので、何パターンか試すことにします。

 

①つまようじを刺し、それに紐を結ぶ。

②竹串を刺し、2つ並べて刺す。

③直接紐を通す。

 

半ば無理やりですが、これで全部紐を結び終えました。

最後に熱湯に5秒ほどくぐらせ、

ベランダに柿同士が接さないように干します。

途中、3日置きに柿を揉むことで渋みが抜けやすくなるそうです。

2~3週間後に完成!

今から食べるのが楽しみです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました