ツルからカゴを作る! かずら編みの方法

スポンサーリンク

ツルで作ったカゴを見たことがありますか?

実はあれ、冬が旬なんです。

材料となるツルは冬になると、水分が少なくなり編むのに最適な状態となるのです。

カズラ編みでカゴを作ったので、その作り方を紹介します!

所々自己流が混ざっています。

材料

かずら編みのかずらとはツルのこと。

材料は山にあるツルを使います。

アケビやアオツヅラフジ、フジなど様々なツル植物があり、それぞれに特徴があるのでが今回は気にしません。

山から適当に拾ってきたツル

細いものから太いものまで、いろんな種類のツルを適当に拾ってきました!

拾ってきたツルは、余計な枝や根っこなどを落として一本の紐状にします。

汚れが気になる方は、スポンジで擦り落としても良いかもしれません。

かずら編みの作り方

芯となるツルたち

まず芯となるツルを用意します。

太くしなやかなツルを選び、80cmほどのツルを4本、50cmほどのツルを1本作ります。

芯となるツルを結んだところ

米印を作るように芯となるツルを重ね、細いツルで固定します。

短いツルはこの写真のように繋げる

ここまでできたら編み始めていきます。

編んでいる途中の様子

細いツルを芯となるツルに、上下上下と交互に編み込んでいきます。

ツルの最後は、すでに編み込んだ部分に差し込んだり、芯と一緒に編み込んだりしました。

編み込んでいる途中の芯の曲げ具合によって、出来上がるカゴの形を変えることができます。

最後まで編み込んだら、はみ出した芯を編み込んでいきます。

完成です!

久しぶりの挑戦でもあり、まずまずの出来になりました。

また再挑戦して、より詳細な記事を書くつもりなのでお楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました