キノコをいろんな方法で駒打ちしてみた(ヒラタケ、キクラゲ編)

スポンサーリンク

キノコの駒打ち・仮伏せ編、ヒラタケとキクラゲverです!

シイタケ編はこちら
ただいま執筆中です、もうしばらくお待ちください

ナメコ編はこちら
ただいま執筆中です、もうしばらくお待ちください

この記事は、ド素人が原木の大きさや駒の密度、仮伏せの条件などを変えた上での
原木キノコの成長の記録を記事にしたものです。

基本情報

原木の樹種:クヌギ

伐倒時期 :2020年1月中旬(落葉後)

玉切り時期:2020年3月下旬

植菌時期 :2020年4月下旬

種駒   :ヒラタケ39号    (100駒)
     :アラゲキクラゲ81号 (100駒)

ヒラタケ編

ヒラタケを作るにはクヌギは不向きとも聞いたので、駒の数はちょっと多めに打ちます。

ちなみにヒラタケに適した原木は、ブナやエノキなどです。

駒打ち

ヒラタケは腐朽力が強く、太めの原木の方がよいと聞いたので、
大きい原木と小さい原木の2種類を作りました!

原木(大): 直径 約15cm
2本     長さ 約90cm
       駒数 約40個/本

原木(小): 直径 約10cm
 2本     長さ 約30cm
       駒数 約10個/本]

原木(小)の方が駒の密度が高めになっています。

仮伏せ

植菌時期が遅かったので、仮伏せせずに本伏せでもよかったのですが、なんとなく仮伏せしてみます。

仮伏せ

原木(大):杉の下に寝かせて置き、上に枝葉をかけ。ホースで散水します。

原木(小):屋根のある屋外に寝かせて置き、上にセーターをかけ、ひしゃくで散水します。

おそらく早めに(1週間弱)で本伏せすると思います。

キクラゲ編

シイタケなどは樹皮からしかキノコができないのですが、
キクラゲは木の断面からもキノコが発生するらしいです。

なので今回は、どれだけ原木を小さくできるのか実験してみます。

駒打ち

原木(大) : 直径 約13cm
 3本      長さ 約50cm
        駒数 約25個/本

原木(中) : 直径 約10cm
 2本      長さ 約25cm
        駒数 約10個/本

原木(小) : 直径 約5cm
 5本      長さ 約10cm
        駒数 約1個/本

原木(極小): 直径 約3cm
 1本      長さ 約5cm
        駒数 約1個/本

仮伏せ

キクラゲもヒラタケと同様に、仮伏せせずに本伏せでもよかったのですが、なんとなく仮伏せしてみます。

原木(大)     :杉の下に寝かせて置き、上に枝葉をかけ。ホースで散水します。

原木(中、小、極小):屋根のある屋外に寝かせて置き、上にセーターをかけ、ひしゃくで散水します。

おそらく早めに(1週間弱)で本伏せすると思います。

まとめ

今回がはじめての原木キノコ栽培です!

伐倒時期も植菌時期も伏せ方もセオリー通りにはしていません。

これからも成長の過程を記録していくので、興味のある方はチェックしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました