ボレー粉の作り方 牡蠣殻を有効活用しよう

スポンサーリンク

インコやうずらなど、ペットとして鳥を飼っている皆さま、

大切なペットには少しでも安全なものを食べさせてあげたい!

と、思う方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方はまず、ボレー粉から自給してみてはいかがでしょうか?

ボレー粉とは?

ちなみにボレー粉とは。

牡蠣殻を細かく砕いたもので、カルシウムやヨード、カリウムなどが豊富に含まれています。

鳥類(特に卵を産む個体)に必要となる栄養素が多く含まれるため、

通常は副食として与えることが多いです。

 

この栄養豊富なボレー粉ですが、

実は家のベランダくらいの広さでも作れちゃうものなんです。

 

ボレー粉の作り方

材料・準備

それでは、作り方です。

まずは、牡蠣殻を手に入れます。

冬時であれば、家で調理後の殻をとっておいたり、牡蠣小屋でもらってきたり。

あとは、砂浜に落ちているものを拾ってきてもいいですね。

 

作り方

ある程度の牡蠣殻を集めたら、1週間ほど外に置いておきます。

これは、雨風にさらして、塩分や余計な汚れをとるためです。

あまり雨が降らないようでしたら、水にさらしても良いです。

 

煮沸してあげると、なお良いです。

 

さて、これから砕く作業に入ります。

牡蠣殻を丈夫な袋に2重に入れ、ひたすらトンカチでたたきます。

 

このとき、袋はかなり丈夫なもの(麻袋など)にしないと破れてしまいます。

時々中を混ぜてあげながら、ひたすらたたきます。

市販のボレー粉のサイズまで小さくなったら、瓶などに移して完成です!

 

我が家で飼っているうずらちゃん達は、この方法で作ったボレー粉をあげていますが、

元気に毎日卵を産んでいますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました